キャバとの違いについて | ガールズバ―の求人は女性にとって一番稼ぎやすいです

キャバとの違いについて

階段に座っている女性

ではキャバクラとガールズバ―について、もうちょっと深くその違いについて見ていきましょう。
まずわかりやすくいうと、営業許可に関する違いがあります。

例えばガールズバ―の場合は飲食店営業に関する許可があると営業できるお店であり、一方キャバクラの場合は風俗営業の届け出が必要なお店です。
つまりキャバクラの方は一応普通の飲食店ではなく、風俗店的な扱いになります。
もちろんキャバクラで性的なサービスはありませんが、女性としてはガールズバ―の方が圧倒的に安心して働けるでしょう。
ガールズバ―は接待行為を仕事としてしてはいけないお店なので、あなたが思っている以上にソフトな形で仕事をすることができます。

そしてキャバクラとガールズバ―では、営業時間に関する縛りが違います。
例えばキャバクラの場合は風俗店扱いとなっているため、法律上0時までしか営業できなくなっています。
その一方でガールズバ―はただの飲食店扱いなので、朝まで営業できるようになっているのです。
だからできるだけ長く働いて稼ぎたい人にとってはガールズバ―の方がいいかもしれませんね。

あとは、ガールズバ―の方が年齢層は低いです。
高校を卒業した18歳から24歳くらいまでの女性が多いので、若い人ほどガールズバ―がおすすめです。
逆にキャバクラの場合は25歳以上の人がたくさん働いているので、自分の年齢に適した夜のお店で働くようにした方がいいでしょう。
もし若い人はガールズバ―に入店した方が、間違いなく楽しく働けると思います。
その方が仲間意識が芽生えやすくなるのでおすすめです。

基本的な違いは以上になります。
この違いを理解した上で、どっちの方がいいのか考えてみてください。